Baiosu logo

株式会社 バイオス
Free Dial 0120-208-103 
ガンに関する情報
「ガン」と診断されたらどうする?「ガン」と診断されたらどうする?
 もはや「ガンは治らない病気。」と言い切れない時代になりました。 それは、ガンに対する医療のあり方が変わりつつあり、また、現代の医療もガンが治らないといわれた時代に比べ、格段に進歩しているからです。
その中の一つに代替医療と呼ばれるものがります。
人間自身にある「病気から体を守る」という機能を利用した医療です。
体にもともとある免疫のシステムを強化することでガンを抑制するという考え方から生まれたこの方法は、人間の正常な細胞まで傷つけてしまう抗がん剤や放射線治療とは違って、人の体にやさしい治療法として知られています。

 「ガンですからすぐに入院して手術しましょう」といわれてしまうと、頭の中がパニックになるでしょう。
冷静な方なら自分の病状を把握するために医師から説明を受け、今すぐ入院するか否かを決めることもできます。
しかし、ガンと診断された時点の患者さんの体は免疫力が低下しているため、体力も低下していると予想されます。そのまま手術すると手術のときのリスクが高い場合があります。
できることならば、医師との相談の上、免疫強化を図るためのケアをお試しいただき、免疫機能を向上させる方法を取りたいものです。

 例えば、体力や免疫力を回復させた上で手術に臨まれるほうが手術のリスクを少なくする良い方法だと考えられます。
手術に耐えるだけの体力は回復させ、術後においても免疫力が高いほうがより治癒率は高まると考えられます。

 現にガンに対する免疫力を強化することによってガンが萎縮した。ということも多数報告されています。
(※注意:病状によっては直ちに手術しなければならない危険な状況も考えられます。必ず医師とご相談の上、治療方法を検討してください。)

 ガンなどの病気の闘病をより良くするために、免疫力を高めるお手伝い役として免疫機能のケアをお試しになるのならば、その価値は十分あるでしょう。

 ↑ページトップ
なぜ「ガン」になるのか?なぜ「ガン」になるのか?
ガンはどのように生まれるのか?
 ガンが生まれるとは、正常だった細胞がガン化することによって生まれます。 つまり、もともと自分の細胞の一部が変異して生まれてくる悪性の細胞なのです。
細胞のがん化を引き起こす引き金を引くものを“イニシエーター”といいます。

細胞のがん化を起こす〜イニシエーター〜
 イニシエーターは、正常な細胞の遺伝子に働きかけて、ガン化させる遺伝子を覚醒させることで細胞のがん化を引き起こします。
「覚醒させるもの」という意味で“イニシエーター”と呼ばれています。

 イニシエーター(細胞のがん化の原因となるもの)
  • 放射線
  • 紫外線
  • B型肝炎ウィルス
  • たばこのタール

 イニシエーターはガン化の原因となりますが、ガン化した細胞はすぐにはガン細胞として成長しません。
ガン化した細胞の成長を助けてしまう条件や物質が人の体に作用して真性のガン細胞にしてしまうのです。
ガン化した細胞を更に大きながん細胞に成長させてしまう物質・条件のことを“プロモーター”といいます。

ガン化して細胞を成長させてしまう〜プロモーター〜
 プロモーターはガンの種類によって違います。

 ガンの種類とプロモーター
  • 肺がん・・・・大気汚染・たばこの煙・喫煙
  • 胃がん・・・・塩分の過剰摂取・多食・アルコール・ストレス
  • 肝臓がん・・加工食品、インスタント食品、スナック菓子などに使われる食品添加物・化学物質
  • 大腸がん・・肉食中心の食生活環境、食物繊維不足

 ガン化した細胞がストレスや偏った食生活、喫煙、環境汚染などによって、ガン化した細胞がある程度の大きさになってはじめて細胞として活動し始め、体を蝕んでいくのです。

 ↑ページトップ
代替医療はガン治療の切り札代替医療はガン治療の切り札
ガンにかかってもあきらめてはいけません
人間にはガンさえも克服する力が存在します
・・・それが免疫機能なのです
 ガン細胞は健康な方の体の中でも毎日生み出されています。
といっても、ガン細胞が生まれる器官があるわけではなく、正常な細胞から生まれてしまうのです。
「なぜガンになるのか?」でもお話したように、正常な細胞がガン化するイニシエーターは身の回りにたくさんあり、それによって正常な細胞が変異してガン細胞が発生してしまうのです。
健康な成人の方でも毎日約3000個のガン細胞が発生していることがわかっています。
しかし、その3000個のガン細胞はすぐにガンとして活動はできないのです。
毎日生まれるガン細胞は、人間の体にもともと備わっている免疫機能によって破壊され、人の体はガンから守られているのです。
このように、免疫機能は病原体から体を守るばかりではなく、ガン化した細胞を破壊する重要な役目を持っているのです。
ガンになってからもガンの成長は抑えられる
 ガン細胞がある程度の大きさになってしまったり、転移してしまったりすると、手術の施しようのない状態となり、短い余命を言い渡されてしまうケースがあると思います。
このような状態では、免疫力や体力も低下している状態だと予想できます。
 ガンの成長によって蝕まれた体力を取り戻すには、抗がん剤などによってガンを直接攻撃する一方で、免疫機能を強化することによってガン細胞を抑制することが必要です。
ガン細胞の萎縮や抑制を図り、手術に耐えられる体力を取り戻すほうが、手術のリスクを軽減して、成功率を高めることが考えられます。

 免疫力は、生まれたガン細胞を破壊するばかりではなく、ガン細胞の成長を食い止める役割も担っているのです。
術後の健康回復にも免疫機能のケアも必要
 どんな病気から復帰してもいえることですが、ガンなどの手術を終えた後の体力は低下していて、体の免疫力もかなり低下していると予想できます。 ガンという病気には、再発という不安な要素も残っています。
 免疫力が低下したままでは、毎日生まれてくるガン細胞を破壊することが困難となり、新たなガン細胞が成長してしまう可能性が出てきます。
ガン細胞を破壊する免疫力を向上させてガンの再発を起こしにくい体を作っていくことが必要です。

 ↑ページトップ
抗がん剤の副作用を軽減したい抗がん剤の副作用を軽減したい
 ガン患者の最大の悩みは副作用です。
副作用は、抗がん剤や放射線治療を受ける際に必ずといっていいほど伴う苦痛で、患者にとっては深刻な問題です。
しかし、「それがどんなに辛いものであっても、それでガンが治るものならば・・・」という一心で辛い治療に耐えているのです。
 副作用の症状としては、嘔吐、食欲不振、倦怠感、下痢、脱毛などのほか、白血球が減少したり、肝機能や腎機能が障害を起こすなど、全身的な症状が現れます。
『こんなに辛い思いをするなら、もう抗がん剤治療をやめたい。』
『副作用の影響で、日々体が衰弱していくのがわかり、このままだと、ガンと闘う気力さえ失ってしまう』
また、過去にがん治療を受けて回復された方からも、
『再発しても、もう二度と抗がん剤の治療は受けたくない。副作用のない他の治療方法はないものでしょうか?』
といった声を多く耳にします。

抗がん剤は免疫細胞にまでダメージを与える ガン患者は一様に免疫力が低下しており、当然ガン細胞に対しても攻撃力が落ちた状態にあります。そこに抗がん剤を投与すれば、体内ではどんな変化が起こるのでしょうか。
本来ガン細胞に立ち向かわなければならない免疫細胞までも攻撃してしまうために、ガンの治療どころか宿主本体の体力の減退が進んでしまうという悪循環が生まれるのです。

 一方で副作用を軽減させるための研究も進められています。その解決策として、にわかに注目されてきたのが、免疫機能の改善をしながら化学療法(抗がん剤など)を続ける方法です。
免疫細胞にはガン細胞の増殖を抑えたり、ガンの発生を予防します。免疫力を向上させることで抗がん剤の副作用を軽減することが良い方法です。

免疫機能を向上させることでこんな効果が期待できます。
●抗がん剤の副作用で吐き気がひどかったが、免疫力を高めることによって吐き気がおさまり、ガンと闘う意欲が出てきた。
●免疫機能を改善させてから、ずっと続いていた副作用が軽くなって、精神的にも安定してきた。

 ↑ページトップ
化学療法と免疫機能のケアとの併用化学療法と免疫機能のケアとの併用
 ガンの医療現場において、免疫機能を向上させる方法を積極的に取り入れようとしています。
ガンの専門医であるジョージ・L・ジェナリ博士は、今まで西洋医学一辺倒による治療を行なってきましたが、一人の乳がん患者が免疫機能を高めながら治療を続けることで奇跡的回復を見せたことから、免疫機能を改善させながら抗がん剤の使用をする方法を開眼させた一人です。
免疫機能を向上させながら、ガン治療を行った時のガンの治癒率 博士は、すでに化学療法を行っている患者には、そのまま抗がん剤の治療を継続してもらいながら、免疫機能を高めるケアも行うように指示しました。その結果、化学療法と免疫機能を高めるケアとの併用によるがん治療が、最も良い結果を生み出す方法であることがわかったと報告しています。
日本においても、各研究機関から免疫機能の強化と化学療法や放射線治療法の併用実験が数多く報告されています。
その結果、抗がん剤との併用でも、放射線治療法との併用実験でも、単独で行うよりもはるかに高い抗がん性が認められています。


 ↑ページトップ
免疫機能を高めるとなぜよいか?免疫機能を高めるとなぜよいか?
 抗がん剤、放射線の役割は、言うまでもなくガン細胞に直接攻撃を加えることで、ガンを死滅させることです。
一方、免疫機能の強化は、人間の自然治癒力を高めることによって、ガン細胞を退治しようというものです。
人間は、本来持っている自然治癒力が十分に機能しなかったら、いくらいい薬ばかりを投与しても、またどんなに高度な医療技術をもってしても、病気に打ち克つことはできません。
つまり、自然治癒力が高まっていればいるほど、薬でも放射線でも、それを用いたときにその効果は十分発揮されるものです。

免疫機能と抗がん剤の連合軍 従来のがん治療は、ガン細胞に対して強い攻撃力を発揮しますが、その一方で健康な免疫細胞までも攻撃するため、どうしても自然治癒力が低下してしまうという問題点がありました。

免疫力低下に伴う副作用がそれです。

その免疫力低下を食い止める秘策が、免疫機能を高めることにあったのです。
さまざまな実験と研究と試行錯誤を重ねた末に、『現代医療』と『免疫機能を高める代替医療』のドッキングが叶い、ガン医療の新天地が開かれたといえましょう。
これは広い視野で見れば、代替医療の可能性を臨床的に実証したことになります。

医療現場では、従来のガン治療を継続しながら、免疫機能を強化し、実際にガンを克服したり、副作用の苦しみから解放された患者が続出しています。

免疫機能を強化することで、自らガンを克服した山梨県の脳外科医院の院長A医師は、医師から見放されたがん患者やその家族からの相談に親身になってのっています。
余命いくばくもないことを告げられた家族にしてみれば、「やるだけのことはすべてしてあげたい。」という気持ちで来られるそうです。
そんな中で、最後の賭けとして何とか助かりたい思いで、免疫機能を高めるケアを決意され、奇跡的に回復されている方が多いということです。
そしてまた、患者自身が「必ず治してみせる」「免疫機能を高めているから大丈夫」という前向きな思いが、一層の相乗効果を生んで、ガン克服の大きな力になっているものと思われます。

 ↑ページトップ

Get Adobe FLASH PLAYER 当ホームページの閲覧には、Adobe FLASH PLAYER プラグインが必要です。インストールされていない場合はこちらからダウンロード、インストールしてください。

 ←もどる